陳列

Open the grave.

なぜブログを書かないのか

ブログのことはいつも頭の隅にあって、何でもいいからとにかく書かなきゃと思ってはいたのだけど、書けないまま3ヶ月近く過ぎてしまった。

なぜ書けなかったかというと、ブログを書くと脳が覚醒してしまうので。ブログは日中は1歳児の相手をしてると一切書く時間が無く、夜は娘の寝かしつけや残りの家事を終えてからじゃないと書けない。そして、書くからには自分のREALな感情を書こうと思ってるから、シコシコと書き綴っているうちにドンドン記憶や感情がブラッシュアップされてしまい、爛々とした目で書き終えた頃にはAM1時とかになってる。フゥ〜と息を吐いてスマホを置いて寝ようとしても寝れないし、更にここに1時間とか2時間おきの娘の夜泣きが加わるので、なんとなく寝るタイミングを逃しているうちにAM3時半とかになってたりして、まあ体力が持たないよね。1歳児の相手は全力でしても足りないくらいなので、前日の寝不足は容赦なく響く。というわけで、最近は全然書けなかった。

なんというか、もっとカジュアルに、だらだらと書けたらいいんだけども。ここに来てなお、一応公開してるからには、ある程度整った文章を、と見栄を張ってしまう自分がいて嫌になる。鍵をかけようかとも思うが、それだと多分ますます書かなくなるんだろうな。

ブログというより、日記+αくらいの感覚でいたら書けるだろうか。変に構えるからダメだというのは分かるから、もっと肩の力を抜きたい。

ということで、試しに日記みたいに書いてみる。

マジでやばいというのは分かっているが、私も娘も最近は起床が9時。生活リズム乱れまくり。まだまだ夜泣きがあり、その度に授乳しているので、細切れ睡眠をいくら重ねても寝た気がしなくてこんな時間に起きてしまう。許されるのなら昼まで寝ていたいくらい、慢性的に疲れている。産後っていつまで言い訳にしていいのか、もうそろそろ多分ダメなんだろうけど、とにかく疲れが取れない。4時間以上連続睡眠を取りたい、というのが今の私の一番の望み。ってこれ、一年前と変わってないじゃん…(むしろ一年前の方がまだ夜泣きも少なかったから、まとまって眠れていたかも)

ラジオが心の支え。テレビつけてるとすぐに「しまじろうのDVDを見せろ」と娘に要求されるので、ラジオばかり聞いている。夜の疲労がMAXの時間帯(離乳食を食べたくないとキレられて精神的にも限界)に野球のナイター中継があるのが本当に救い。昔からそうなんだけど、野球の音ってどうしてこんなに精神安定作用があるのか不思議。相撲やサッカーやフィギュアスケートじゃダメなんだよね。

今日は午後に、近所の保育園に併設されているお出かけ広場に娘を連れて行った。雨だから混んでるだろうな、と思って、窓の外から覗き込んだら、やっぱり混んでて落ち込む。混んでる児童館や支援センターは本当に苦手。だけど、ここで引き返したら娘が遊べなくてかわいそうなので、意を決してなるべく笑顔で明るく大きな声で「こんにちはー♪」と挨拶して入る。そしたら、連れ立って来ている3歳児のママたち(入館表で確認した)が、ジロリという目付きで怪訝そうに見てくるので早速嫌な気持ちになる。二人くらい、棒読みで「こんにちはー」と返してくれたけど、あとは無視。それから、娘を滑り台やら型落としやらで遊ばせていたけど、群れてるママ友たちは、プレ幼稚園や家のローンの話で盛り上がってるというか、私たちは今ここで輪を作って話しているので、というオーラをガンガンに出してきて、私はずっとポツンとしてて本気で泣きそうになる。なんなんだろうね、ああいうの。多分そんなに悪気は無いんだと思うけど、ぶち当たると本当にしんどい。ここらへんはこの手の群れてるママ友軍団が多すぎる。少し足を伸ばして遠くの支援センターとかに行くと、全然オープンで過ごしやすいんだけど。とにかく排他的。一人もママ友ができない。(正確には、若葉ママの会という産後すぐの集まりで地域ごとにグループ全体で顔見知りになったゆるいママ友は何人かいるけど、偶発的に出会って仲良くなったママ友はマジで一人もいない。というか、そのグループで付き合ってるママ友の中にも心を許せるような親しいママ友は一人もおらず、なんなら私だけ浮いてる。)

こういうことがあるたび、なんで私は親しく人と交わらないのか、ということについて考えてしまう。そして考えてるうちに記憶は学生時代にまで遡り、黒歴史を次々と発掘してきて、フラッシュバックが止まらず、まな板にア゛ーーー!!と叫びながら頭を打ち付けてしまいたい衝動に駆られる。けど、実際はもちろんそんなことはせず、娘に呼ばれたりしてどうにか現実に引き戻されて、ご飯を作り、食べさせて、などとしてるうちに一日が終わる。娘を産んでから、自分の目を背けたい過去や性質に焦点を過剰に合わせてしまって鬱々とすることが増えた。シャワー浴びてる時に嫌なこと思い出して死にたくなる、っていうのあるでしょ?あれが一日中断続的に起こる感じ。しんどい。娘は大変ながらもどんどん成長して、できることが増えてきて、ますます可愛くなってきているんだから、そういう良いことだけを見て、今日も一日無事に元気に過ごせてよかったなあ、食べるものがあって寝るところがあって幸せだなあ、ってパタリと眠りにつきたい。どうしてそういう風に生きられないんだろう。