陳列

Open the grave.

育児垢がしんどい、投影・外化の話

ツイッター、元々の本垢でフォローしてたのが所謂非健常界隈という人たちだったんだけど、出産してから育児のこと呟くのがあまりにも場にそぐわなくて気がひけるようになったので、育児垢というものを作ってみた。そこそこ続いてて、もう半年くらい経つと思う。

身もふたもないことを言うと、居心地がすこぶる悪い。どれくらい悪いかと言うと、ママ友サークルくらい悪い。(個人的にこの二つの居心地の悪さは種類の違う悪さなんだけど、まあ程度的に同じということで)

育児垢にいると、タイムラインに流れてくるのは離乳食とか夜泣きとか育児の話ばかりで、それらは自分にとってホットトピックだから本来ならノンストレスなはずなのに、実際はものっすごいストレス。

なぜストレスかと言うと、とにかく多いのが旦那に対する愚痴。次が義家族(特に姑)に対する愚痴。そしてその次が育児に理解のない世の中に対する愚痴。もう、あいつら愚痴ばっかり。

でも愚痴なら非健常界隈でも次々と流れてくる。非健常界隈の愚痴が気にならなくて、育児垢の愚痴がイラつく理由は何かとずっと考えていたんだけど、これは要するに「投影」とか「外化」とかいうやつなんだね。心理学的に言うと。

人間は、自分の心の中にある感情を認めたくないと、それを外の人間に投影してチクチクと苛立ってしまうらしい。自分の中で起きていることを外で起きていると勘違いする。

私の中にある抑圧された甘えの感情が、育児ママの愚痴に投影されて、私の心を毛羽立たせている。

たぶん、私は本来甘えが人一倍強い人間なんだと思う。あれしてほしい、これしてほしい、というのが無限に出てくる人間。でも、私は三人きょうだいの長女で、下二人と比べて甘えが一切許されなかった。5歳くらいから、既に母親からえげつない暴力(これも今思えば無計画に二歳差で子供を三人も作ってしまった筋金入りの発達障害の母親が唯一取り得た子供達をコントロールする方法だったのだと思う)で躾けられていたから、もう甘えとかすっ飛ばして、いかに生き抜くか(文字通りの意味だ、私は母親に何度殺されると思ったかしれない)いうフェーズに移行してたと思う。

私が弟や妹に対して一番覚えている強い感覚は、唇をギリギリと噛んだ時の鈍い痛みだ。弟や妹が、母や父に対して甘ったれたことを言うと、私はたまらなく嫌な気持ちになった。そんなことを言って、これ以上場の空気を乱すな。母親の機嫌を損ねるな。私にはそんなことを言う選択肢は残されていない。私がこんなにもこの場を穏やかにやり過ごそうと努力しているのに、どうしてお前らはそんなくだらない駄々をこねるのだ。弟や妹が屈託無く口にする甘えは、私には決して許されないものだった。ものすごくものすごく遠慮して、彼らの十分の一の甘えでも口にしたとしても、返ってくる言葉は無慈悲なものばかり。「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」「お姉ちゃんなんだからそんなこと言わないで」「あんたとS穂(妹のことです)は違うんだから」

幼い頃の体験と記憶って強烈で、自分がどれだけ気にしてない、乗り越えたと思っていても、ものすごく奥深くまで根を張っているものなんだよね。

実はこのメカニズムに気付いたのはごく最近のことで、私は育児垢以前から、例えばオタク的な話にしても、どうして私はこんなにも同族嫌悪の感情がものすごく強いんだろうとイライラしながら、同担のオタク女をガンガンにブロックしていた。今思えばこれも投影、外化だね。自分の認めたくない抑圧した面が投影されて外に見える形で現れている。

もっと遡れば、なぜ自分がなるべく男とつるみたがるのか、彼らの仲間であるように振る舞いたがるのかも分かってきた。同じ女よりも、男の方が投影が起こりにくいからね。

だから、自分と殆ど同じような境遇の人ばかりフォローしている育児垢なんか、一番投影が起こりやすいに決まっている。そりゃあイライラしてしんどいよね。でも、この仕組みに気付いて幾分楽になったよ。TLを読んでるうちにイライラするようになったら、ああ今私投影してる、って自覚するだけで随分違うもん。なぜ今私がこれにイラつくか、それはこの要素を私が持っているからだ。このステップを踏むだけでだいぶ楽になる。私は見ないフリしてるだけで、もっと甘えたいんだなって気付ける。人の甘えにワケもなくイラつくよりも、自分の甘えの存在を認めた方がずっと健全だと思う。 こんな風に、悪いことばかりじゃないと信じているから、今はまだ育児垢やめません。